大河原まさこメールマガジン 第2号 2015年12月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前参議院議員 大河原まさこメールマガジン
第2号 2015年12月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。寒さが厳しくなってきましたが、みなさまいか
がお過ごしでしょうか。
 前参議院議員の大河原まさこです。
 わたし、大河原まさこの活動や考えをお伝えするため、「大
河原まさこメールマガジン」配信を開始しました。
その第2号をお届けいたします。

多くの方々にお届けできればと思いますので、ぜひお近くの方
々や、お知り合いの方々などにご紹介いただければと思います。
ご紹介の際には、wakuwakumasako@ookawaramasako.comへ
のご登録・発信をとお伝えいただきますようお願いいたします。

 なお、名刺の交換など、ごあいさつさせていただきました方々
などにも配信させていただきます。

*****************************************************
■メニュー
1. 「ワーカーズ・コレクティブ全国会議」に参加しました

2. 子どもの貧困基金への寄付が集まらない?

3. お知らせ
 1) 国政フォーラム
  「大河原まさこさんと語ろう!」開催します
    ―12月12日(土)午後2時/北野市民センター会議室1
 2) 国政フォーラム
  「誰のため、何のための『マイナンバー』制度?!」開催します
    ―12月12日(土)午後7時/昭島市市民交流センター1F
 3) 講談『チェルノブイリの祈り』に参加します
    ―1月30日(土)午後1時30分/北沢タウンホール

*****************************************************
◆「ワーカーズ・コレクティブ全国会議」に参加しました

 「ひとりひとりが大切にされる地域社会をつくる」を全体テー
マに、第12回ワーカーズ・コレクティブ全国会議in東京が開催さ
れ、第6分科会のコメンテーターとして参加しました。
 全国会議はこれまで隔年で開催され、全国のワーカーズ・コレ
クティブの関係者や研究者、市民など、全国から650人を超える
方々が参加されました。
 私の参加した第6分科会は「格差社会におけるワーカーズ・コ
レクティブや協同組合の役割と活性化に向けた取組みについて」
をテーマに、青山学院大学関英昭名誉教授や立教大学原田晃樹教
授、ワーカーズコープ連合会田嶋事務局長の報告と、ワーカーズ
・コレクティブ及び非営利・協同支援センター藤木千草さんをコ
ーディネーターにディスカッションが行われました。
 協同組合法制のあり方、日英のサード・セクターとその支援機
能の比較、実践者としての報告など、大変中身の濃い内容でした。
ワーカーズは公共サービスの民営化・市場化に対して、社会化・
市民化しようと活動領域も広げており、2012年には実現するかに
見えた「協同労働の協同組合法案」の制定も、震災と政権交代で
動きが止まってしまったままのようです。
 2012年当時議員連盟の事務局を務めた私としては、一日も早い
法制化を願うところですが、この間2回の総選挙で議員の入れ替
わりもあり、議員提案の動きは見えてきていません。協同出資・
協同経営で働く協同組合の法制化は、国政に復帰してまず真っ先
に取り組みたい課題の一つです。

 参加されましたみなさん、主催者のみなさん、準備に奔走され
ましたみなさん、本当にお疲れ様でした。次回もお会いできるこ
とを楽しみにしています。

*****************************************************
◆子どもの貧困基金への寄付が集まらない?

 総理大臣自らも発起人の一人となり進められている、「子供の
未来応援国民運動」の一環として募っている寄付が低調との報道
がされました。寄付総額は11月末時点で300万円ほどのようです。
 子どもの相対的貧困率は16%ほどで、6人に1人が経済的貧困の
状態にあるとされています。先日開催しましたトークセッション
でのおはなしや、エプロン持参で伺った「要町あさやけ子ども食
堂」の活動を見ても、地域での取組みは多種多様に進められつつ
おり、その力強さに勇気づけられもしました。
 このような地域の取組みからも、政府主導で中央で寄付を募り
NPOなどの活動に配分するのではなく、身近な活動に支援し協力
することで子どもたちへの支援を進め、そのことが地域を支える
ことにもつながります。身近な団体や活動への寄付のしくみこそ
が必要なのかもしれません。
 地域で地域の子ども達を支え、その取組みを支え、応援する政
治を進めたいと思っています。

*****************************************************
◆お知らせ

◇国政フォーラム
 「大河原まさこさんと語ろう!」開催します
―12月12日(土)午後2時/北野市民センター会議室1

 来年7月は参議院議員選挙?
 生活者ネットワークでは、比例代表区予定候補者の(わたし)
大河原まさこの推薦を決定しました。
 そこで、参議院選に向けて大河原さんまさこさんを招きフォー
ラムを開催します。
*大河原さんってどんなひと? *どんな政策? *農業政策は?
 *何とかしなくちゃ!安保法制 *18歳に選挙権が引き下げら
れるけれど・・・? *参議院選のしくみは?
・・・など、大河原さんといろいろ話してみよう!

○日 時:12月12日(土)午後2時~4時
○場 所 北野市民センター 会議室1
    (八王子市北野町545-3きたのタウンビル)
○参加費:無料
*託児あり(要予約)
○問合せ・連絡先:八王子・生活者ネットワーク
 TEL: 042-623-8802/FAX: 042-627-4507

————————————————————
◇国政フォーラム
 「誰のため、何のための『マイナンバー』制度?!」開催します
―12月12日(土)午後7時/昭島市市民交流センター1F

 10月から送付がはじまったマイナンバー制度。国民のみんなが不
安を持っています。
 なりすまし詐欺はないの?失くした時はどうなるの?本当にマイ
ナンバー使わなくちゃいけないの?
 政府の考え方、これからの日本のゆくえなどゲストスピーカーに
話題提供していただき、意見交換します。

○日時:12月12日(土)午後7時~9時
○場所:昭島市市民交流センター1F・集会室
○講師:三木由希子 NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長
○ゲスト:大河原まさこ 前参議院議員/リベラル市民政治研究所代表
○参加費:無料
○主催・申込み・問合せ:昭島・生活者ネットワーク
 TEL:042-519-2440/FAX:042-519-2448

————————————————————
◇講談『チェルノブイリの祈り』に参加します
 ―1月30日(土)午後1時30分/北沢タウンホール

 チェルノブイリ事故から30年。講談師の神田香織さんが、2015
年ノーベル文学賞受賞作家スヴェトラーナ・アレクシェービッチ原
作の話題作 『チェルノブイリの祈り』未来の物語―孤独な人間の声、
を語ります。
 今度の参院選は、とっても大事!みんなで一緒に未来のことを考
えましょう、ということで、わたし、大河原まさこもお話しさせて
いただきます。ぜひ、ご参加ください。

○日 時:2016年1月30日(土)午後1時30分~3時30分
○会 場:北沢タウンホール(東京都世田谷区北沢2-8-18)
 地図 https://kitazawatownhall.jp/map.html

○談 師:神田香織
*原 作:スヴェトラーナ・アレクシェービッチ

○定 員:250名
○参加費:2,500円(税込)/○前売り:2,000円
○主催・共催:『大河原まさこを再び国政へ』勝手連せたがや
○申込み・問合せ:03-3420-1469 setakatte@gmail.com
 *詳細は、
 http://kokucheese.com/event/index/351133/をご覧ください。

********************************************************
[ご意見、ご感想はこちらへ]
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
[HPもご覧ください]http://ookawaramasako.com/

※本メールは、配信登録をしていただいた方並びに名刺交換させ
ていただいた方々などにお送りしております。
 配信をご希望、また配信不要、停止をご希望の方は、
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
までご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

[編集・発行]民主党参議院比例区第1総支部
********************************************************