大河原まさこメールマガジン 第19号 2016年4月7日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前参議院議員 大河原まさこメールマガジン
第19号 2016年4月7日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
新しいランドセルやかばん、制服姿の一年生を見かけるよ
うになりました。元気なこどもたちの姿は、心を和ませてく
れます。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
前参議院議員の大河原まさこです。
私、大河原まさこの活動や考えをお伝えするため、
「大河原まさこメールマガジン」を配信しています。
その最新号をお届けいたします。

多くの方々にお届けできればと思いますので、ぜひお近く
の方々や、お知り合いの方々などにご紹介いただければと思
います。
ご紹介の際には、wakuwakumasako@ookawaramasako.com へ
のご登録・ご送信をとお伝えいただきますようお願いいたし
ます。
なお、名刺の交換など、ごあいさつさせていただきました
方々などにも配信させていただきます。

*******************************************
■メニュー
1. プラスチックによる海洋汚染のいま

2. ヘイトスピーチに関する実態調査

3. お知らせ
1) 安倍政治を止める!講演とトークセッション
―4月11日(月)午後6時30分~/東京・品川区

2) 『無戸籍の日本人』をめぐって
―4月19日(火)午後6時~/東京・大田区

3) 対談集『市民の力で立憲民主主義を創る』を刊行しました
*******************************************
◆プラスチックによる海洋汚染のいま

府中・生活者ネットワークにより開催されました、映画
「TRASHED ―ゴミ地球の代償」&講演「プラスチックによる
海洋汚染のいま」に参加させていただきました。
映画「TRASHED-ゴミ地球の代償」は、プラスチックによる
海洋汚染を取り上げたドキュメンタリー映画で、2012年カン
ヌ国際映画祭特別上映作品で、その映画の観覧後に東京農工
大学の高田秀重先生のご講演をお聞きしました。

現在では、日常の生活で大量に購入・使用し、大量に廃棄
されているプラスチックですが、埋め立てれば有害化学物質
が溶けだして土壌や地下水、河川を汚染し、燃やせばダイオ
キシンなどの有害物質が発生します。また、海に流れ出るプ
ラスチックの量は、世界中で最大1300万トンと推計されてお
り、それが砕け目に見えないほど小さくなって漂い、誤食に
よる生物への影響や、生態系への影響が指摘されています。
さらに、マイクロプラスチックは、海水中の有害物質を吸着
させる特徴を持ち、100万倍に濃縮させるという研究結果も出
ています。

映画の上映と講演から、プラスチックが有害化学物質の暴
露源になっている現実にあらためて驚かされ、「プラスチッ
クスープの海」というショッキングな言葉が、決して大袈裟
な表現ではないことに戦慄がはしりました。
このことを一人でも多くの人に知らせ、身近なところから
対策を打つ必要があり、まずは使い捨てのプラスチック製品
から、環境負荷の少ない代替物に切り換えることが基本で、
そのことを促すための制度やしくみが必要です。引き続き、
私自身の国政での活動の重要なテーマの一つであることを確
認する機会になりました。

・映画「TRASHED-ゴミ地球の代償」
http://trashed.jp/

*******************************************
◆ヘイトスピーチに関する実態調査

法務省から「ヘイトスピーチに関する実態調査結果」が出
されました。
この調査は、インターネット上で、ヘイトスピーチを伴う
デモ等を行っていると指摘されている団体が、2012年4月か
ら2015年9月までの間に行ったデモ等の発生件数などを調査
したものです。
その結果、発生件数は1152件あり、その発言内容では「特
定の民族等に属する集団を一律に排斥する内容」「特定の民
族等に属する集団の生命等に危害を加える内容」「特定の民
族等に属する集団を蔑称で呼ぶなどして誹謗中傷する内容」
などが1803回あり、3分から6分の間に1回はそのような発言が
繰り返されたとしています。
また、考察では、京都朝鮮初級学校襲撃事件に対して、最
高裁はヘイトスピーチを人種差別と認めて賠償と街宣活動の
差し止めを命じ、またヘイトスピーチに対する社会的関心の
高まりなどから、デモの件数は減少傾向にあり、差別的な言
動も減少しているところであるとされています。しかし、外
国人住民を対象とした多くの調査から、差別的な言動等を受
けた経験があると回答した人の割合は決して低いとは言えな
い傾向があり、ヘイトスピーチが行われている地域の自治体
の半数程度の議会から、国に対してヘイトスピーチに対する
法整備など実効性ある対策を求める意見書が提出されている
状況にある、とされています。

現在、参議院法務委員会で、民主党時代に提出した「人種
差別撤廃施策推進法案」の審議が進められています。この国
会での成立を期待するとともに、大阪市に続いて多くの自治
体でもヘイトスピーチ対策の条例の制定などが必要です。

ヘイトスピーチは、直接的な差別発言による人権侵害です
が、そのことが差別煽動につながることの恐ろしさは、ドイ
ツナチスによるユダヤ人迫害などの経過や歴史からも学ぶこ
とができます。
4月1日には障害者差別解消法が施行されましたが、人種や
性、言語、宗教などを理由にした差別のない社会づくりのた
めにも、ヘイトスピーチの対策のための制度やしくみが必要
です。

*******************************************
◆お知らせ

◇安倍政治を止める!講演とトークセッション
―「自民党憲法改正草案の“正体”を見据える!」

安倍首相は2014年集団的自衛権容認の閣議決定、2015年安
保法制とホップ・ステップで進め、2016年はジャンプの年と
公言して憚らず、憲法改正を、9条2項を変えたい発言を繰り
返しています。
今夏最大のイベントは参議院選挙。改憲勢力3分の2を阻止
し、自由と民主主義を守り抜く戦いを市民が制するために、
憲法がご専門の金子匡良さんを迎え、改めて敵の正体を見据
えることから始めます。
――憲法というのは“国民”ではなく“国家”を縛るため
のもの。そして、それを握っているのは自分たちだという意
識を持とう――
当日は、憲法の本質、三大原則の意義を改めて確認。さら
に、歴史修正主義がはびこる安倍政権の現状を踏まえ《「前
文」「第9条と安全保障」、「表現の自由」や改憲派が目論む
「地方自治改正」「緊急事態宣言」》など、自民党改憲草案
について現行憲法と対比しながら分析を加えていただきます。
その後、ゲストを交えてのトークセッションへと進め、戦後
憲法体制の崩壊を許さない市民の意思共有と、次なる行動へ
の足がかりの場とします。どなたでもご参加ください。

○日 時:4月11日(月)午後6時30分~
○会 場:大井町きゅりあん5F 第2講習室
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm

○プログラム
・講演:金子 匡良 神奈川大学法学部法律学科准教授
・トークセッション:金子匡良×大河原まさこ

○資料代:500円
○共 催:「大河原まさこと勝手に連帯する品川の会」
「大河原まさこと勝手に連帯する@大田」
「大河原まさこさんを再び国政へ勝手連目黒」
○問合せ:shinagawa@seikatsusha.net

——————————————-
◆『無戸籍の日本人』をめぐって

『無戸籍の日本人』の著者で、長年支援活動をされてきた
井戸まさえさん(元衆議院議員)をお迎えします。大河原ま
さこさん(前参議院議員)と、「無戸籍」を取りまく様々な
現状や政治の役割、今後の課題について、いっしょに考えま
しょう。

○日 時:4月19日(火)午後6時~7時30分
○会 場:大田区立消費者生活センター 集会室
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/seikatsu_center/

○ゲスト:井戸まさえ 元衆議院議員
大河原まさこ 前参議院議員

○主 催:大田・生活者ネットワーク
大河原雅子と湧く湧く会議
○申込先・連絡先:大田・生活者ネットワーク
Tel:03-6424-7561 Fax:03-6424-7562
Mail:oota@seikatsusha.net

——————————————-
◆対談集『市民の力で立憲民主主義を創る』を刊行しました

右傾化や排外主義が強まる現在の社会や政治の状況に対し
て、いかにリベラル派・左派が対抗すべきなのか。また、食
と農のつながりから、どのように地域作りを進めていくのか。
などについて、杉田敦法政大学教授、中野晃一上智大学教授、
大江正章アジア太平洋資料センター共同代表とそれぞれ対談
させていただきました。その記録を『市民の力で立憲民主主
義を創る』と題して発刊しました。
その推薦文を「立憲民主主義の担い手は、地域社会を創っ
てきた市民だ。右傾化を強め、改憲とアホノミクスに突っ走
るアベ政治を止めるための処方箋が的確に論じられている。」
と浜矩子同志社大学大学院教授がお寄せいただきました。
ぜひお読みいただければと思います。

○『市民の力で立憲民主主義を創る』
杉田敦・中野晃一・大江正章×大河原雅子
○形態等:A5判 64ページ
○発売予定日:3月19日
○本体価格:700円+消費税
○出版社:コモンズ
*一般の書店からも予約できます
*******************************************
[ご意見、ご感想はこちらへ]
wakuwakumasako@ookawaramasako.com
[HPもご覧ください]http://ookawaramasako.com/

※本メールは、配信登録をしていただいた方並びに名刺交換さ
せていただいた方々などにお送りしております。
配信をご希望、また配信不要、停止をご希望の方は、
wakuwakumasako@ookawaramasako.com
までご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

#「大河原まさこの湧く湧くページ」始めました!
https://www.facebook.com/ookawaramasako/
日々の活動の様子やお知らせなどをいち早くお届けしますので、
たくさんの「いいね!」をよろしくお願いします。

[編集・発行]民進党参議院比例区第1総支部
*******************************************