大河原雅子(おおかわらまさこ)
1953年4月8日生まれ(現在63歳)
東京都議会議員3期(都議会生活者ネットワーク), 参議院議員1期(民主党)

 

 

生い立ち

春爛漫の4月8日、名古屋出身のサラリーマンの長女として生まれる。
翌年12月に弟、その2年後に妹誕生。 典型的な核家族。

1958年

台風22号(狩野川台風)・鶴見川の氾濫で水害にあい、港北区に転居。後からできた新横浜駅は田んぼの真ん中だった。

1960年

誕生!

横浜市立城郷小学校入学。小学校は、徒歩1分で道草しらず。朝から晩まで校庭が遊び場。防空壕や古墳の残る裏山も冒険基地でよく遊んだ。弟の急性白血病の発病とともに名古屋の祖父母宅へ預けられ、近くの小学校に転校。小学校2年生で東海道線「特急つばめ号」で一人旅したことが自慢。
父の転勤で小学校3,4年を岡山の小学校で過ごし、5年生になるとき 再び、横浜にもどる。3回も繰り返した転校経験のせいか、「兼高かおる世界の旅」とNHK「新日本紀行」がお気に入り番組。将来は旅行家に!と、あこがれた。

1966年

中学受験のため、塾っ子のはしり。
中学時代はバレーボール、高校では生徒会で活動。購買部のパンの仕入先を変更する生徒の要望を受けて奔走。食べ物へのこだわりはこの時代から培われた。

1972年

国際基督教大学入学。入学と同時にキャンパス内の女子寮に入寮。18歳にして思いがけず親元を離れることになった。

1973年

小学校以来の男女共学、人類学への憧憬は何処へやら、ゼミ室よりもグランドや体育館方面で活動。現役部員5人というラグビー部のマネージャーを引き受けてクラブ再興に一致団結して、キャンパスライフを満喫。

1974~75年

大学が全国初の学費のスライド制値上げを打ち出した事から、一般学生として反対運動に参加。

1975年

夏休みを利用して、カリフォルニア大学からの交換留学生だった日系3世の友人とその友達、5人と犬1匹でアメリカ大陸ぐるり旅。
友人が指導教授から100ドルで買ったオールズ・モービルのステーションワゴンに、テントと食料を積み、国立公園のキャンプ場や親戚・友人宅を拠点に周遊した。大都会から田舎まで約2ヶ月間、アメリカを体感。
参加者は、日本人、日系、台湾系、メキシコ系、アイルランド系米国人

1977年

卒業を1年遅らせて社会へ。女性の就職難(男女の就職差別)という現実に初めてぶつかる。大学時代の映画好きが高じて、小さな舞台・映画の制作会社(アトリエ41)に就職。

社会人

社長は、黒澤明監督の元助監督で、「デルスウザーラ」のプロデューサー。秘書という名の使い走りは、とてもスリリングで、多彩な方々にお会いした。初めて書いたビジネスレターは、ルネ・クレマン監督へのお礼状。舞台制作でのパシリも経験。稽古場や俳優さんのスケジュール押さえ、お弁当の手配、俳優座劇場での泉鏡花の芝居では、新橋耐子さんの着物にアイロンかけも。(今は亡き、仮面ライダーの死神博士役・天本英世さんも出演)母校の大先輩・故川喜多かしこ(東宝東和社長:エキプドシネマ)岩波ホール支配人:高野悦子さんに憧れた。

羽仁進監督らと羽仁進監督・寺山修司原案サンリオ映画「アフリカ物語」の撮影準備に参加、ケニアに2度出張、サバンナにロケハン。

 

 

1979年

10月6日 ICU教会にて結婚。
結婚連れ合いが、当時まだ学生だった事から親の反対にあう。指導教授の説得で、親にも祝福されて10月に結婚。折から式の当日は衆議院選挙。新婚旅行先の熱海で開票速報をずっと見ていた。
我孫子市白山に新居。
柏市の社宅に転居。初めてのご近所づきあい。社宅というコミュニティで、子育て仲間、経験者の助けも借りて、子育てに奮闘。生協に加入。ICUの先輩郡司千代子さん(柏ネット)が市議会議員選挙に立候補。ホームパーティ初体験。

1988年

家族で世田谷区の社宅に転居。東京都に食品安全条例の制定を求める直接請求運動に参加。以後環境問題などの活動に関わる。3人の子どもの母親業と地域活動で多忙の毎日を過ごす。

1993年

都議会議員初当選(世田谷選挙区)。3期10年在任。
生活者の視点を最大限生かして子ども・教育・医療・福祉・環境などの課題に取組む。
*政治倫理条例議員提案
*ベビーフードの残留農薬や輸入米の検査を実現し食品安全条例の制定に活躍
*シックスクール対策、化学物質子どもラインの策定を推進。
*東京の水循環の回復を主張し、八ッ場ダム見直しを提案
*世界都市博覧会の開催に反対し、住民投票条例を議員提案
*遺伝子組換え食品表示・NPO法制定への意見書を提出
*女性財団の廃止に反対し、子どもの権利擁護相談事業の存続に尽力

1999年

東京・生活者ネットワーク代表委員就任 2006年2月まで。
ドイツの分権システム調査のためスタディツアーに参加。
緑の党のメンバーと交流

2007年

参議院議員選挙(東京都選出) 1,087,743票で初当選
都市農業推進・公共事業チェック・チャイルドライン支援・保育問題等の議連の事務局長。
TPPを慎重に考える会・原発ゼロの会などで活動。

現在

リベラル市民政治研究所代表
自治体議員立憲ネットワーク顧問
環境まちづくりNPO運営委員
など

国会の役職

国土交通委員会/委員
予算委員会/委員
消費者問題に関する特別委員会/委員

党内の役職

参議院会派/副幹事長
消費者・食品安全特別部門会議/事務局長

その他

日本ユネスコ国内委員会委員
保育を考える議員連盟・事務局長
公共事業チェック議員の会・事務局長
チャイルドライン支援議員連盟・事務局長
水制度改革議員連盟・副代表
“食の安全”研究議員連盟・事務局長
都市農業推進議員連盟・事務局長
再生可能エネルギー・省エネ技術促進議員連盟・事務局長
八ッ場ダム等の地元住民の生活再建を考える議員連盟・幹事長
食と農の再生会議議員連盟・事務局長
TPPを慎重に考える会・事務局長
障害者政策推進議員連盟、統合医療を普及・促進する議員連盟、健康・省エネ住宅推進議員連盟など

 

好きな言葉

地球は未来の子どもたちからの預かりもの。世代を超えて、地球規模で考え、地域から行動しよう!

生活信条

「よく遊び、よく学び」「嘘をつかない」「表裏のない人間になる」

趣味

映画鑑賞(お気に入りは「アラビアのロレンス」「愛と哀しみの果て」)

性格

明るく、まじめで正直、好奇心が強く、思い立ったら行動が早い
しっかり者で気が強い反面、涙もろいロマンチスト

原点

  1. 父から教えられた宮沢賢治・・・「雨ニモマケズ」の詩を生きる姿勢のお手本に
  2. 小学校の井上先生・・・多数の意見に流されず、「正しいと思ったことは、最後の一人になっても表明せよ」と教えていただいた。
  3. 有吉佐和子の「複合汚染」・・・学生時代に読み、母親となって再読し、環境問題に目覚めた。