私、大河原まさこ、当年とって54歳。3人の子どもを育ててまいりました。私は、自分の子育ての中で、この国にはおかしなことが多すぎる、と思うようになりました。たとえば、毎日の食卓に並ぶ食べ物さえ、100%安全だとは言い切れない。子どもに安心して食事すらさせられない。これは本当におかしなことだと思います。食べ物は安全で当たり前。そんな当たり前のことすらできていない国を、私は何とか変えたいのです。

ほかにも、今までの政治では安心できないこと、おかしなことがたくさんあります。その最も大きな問題は、何といっても年金です。まじめに納めてきた年金の保険料が、知らないうちに消えてしまったり、勝手に無駄づかいされていたり、こんなことは決して許せません。将来の安心をないがしろにすることはできません。だからこそ、年金改革が必要なのです。
『消えた年金、増えた税金』この怒りを、ぜひ、私、大河原まさこに託してください。
私、大河原まさこは、都議会議員10年の経験を生かして、そして、3人の子どもを育てた『生活のプロ』の感性を生かして、皆様の本音を国会で代弁してまいります。
民主党 大河原まさこは生活の安心をつくります!