生活の安心

 

年金改革


・「消えた年金」は国が責任を持って解決する。
・すべての加入者が「年金手帳」を持ち、いつでも自分の納付記録を確認できるようにする。
・職業や立場によって異なる、複雑で不公平な年金をすべて「一元化」し、公平な年金制度に変える。

 

医療・介護・障がい者支援

・産科・小児科等の医師不足を解消する。
・誰でも最善のがん治療を受けられるようにする。
・必要な介護サービスが受けられるように、介護現場で働く人の環境を整備する。
・障がい者自立支援法を抜本改正する。

 

子ども・子育て支援 

・ 子ども家庭省をつくる。タテ割り行政を改革し、出産・保育・教育から子どもの健康・安全などを一ケ所で担う。
・すべての子どもに、中学卒業まで毎月2万6千円の「子ども手当」を支給。(財源は各種控除の廃止等で確保。)
・パート・派遣の不公平な待遇を改善し、子育てをしながら働けるようにする。

 

食べ物の安全

・消費者にとって、わかりやすい表示を義務付ける。
・食糧自給率を10年後に50%まで高める。
・遺伝子組み換えの食べ物をつくらせない。
・食品の検査体制を強化する。