介護制度を考える勉強会①介護の現場から考える

RIMG0146飯田橋事務所ミニ講座(第10回)「中長期を見据え介護制度を考える勉強会①~介護の現場から考える」を開催。

講師にお招きした淑徳大学准教授の結城康博さんから、医療制度、在宅介護、施設介護、サービス提供者など介護現場で起きている問題を客観的に提起、分析して頂きました。

訪問ヘルパーやケアマネ、また施設職員など介護現場に居る参加者からも様々な疑問の声があがり、結城さんの「できる事から現場で取り組むことが重要であり、自治体が受け付けなかったらそれを公表すればよい」との言葉に「戦うってことですね!」と元気な発言もありました。介護ビジョンは社会保障の全体像、医療や地域福祉との連携なども見据えて考える必要があります。次回のミニ講座も結城康博さんをお招きして「これからの介護ビジョン」を考えます。

第11回 ミニ講座のご案内

これからの介護ビジョン~中長期を見据え介護制度を考える勉強会②~

12月14日(月) 18:30~20:30 講師 結城康博さん(淑徳大学准教授)

参加費 1000円  

会場 大河原雅子・飯田橋事務所(千代田区飯田橋1-8-9 ニューシティーハイツ401)