よりよい「消費者基本計画」の策定にむけて

民主党消費者問題特別委員会・質問研究会では、あたらな「消費者基本計画」をよりよいものにするために、公開質問会を開きます。

消費者基本法により消費者基本計画は5年ごとに改定され、今年は22年から5カ年の基本計画を策定することになっています。

昨年9月、消費者庁と消費者委員会が創設されて最初の消費者基本計画は、行政のパラダイム転換を行うためのものにならなくてはなりません。

すでに素案が発表され、素案に対するパブリックコメントも900件寄せられています。多くの皆様からのご意見を踏まえ、民主党(会派)議員が各省庁に質問し、今月末に閣議決定する「消費者基本計画」をよりよいものするための「公開質問会」です。是非オブザーバーとしてご参加下さるようご案内いたします。

よりよい「消費者基本計画」策定にむけて・民主党消費者問題特別委員会 公開質問会

日時  1日目  3月11日(木)10:00~12:00  憲政記念館 第1・第2会議室

     2日目 3月12日(金)10:00~12:00  衆議院第2議員会館第1会議室

ご参加下さる方は事前に大河原雅子事務所にご連絡下さい。 FAX 03-5512-2309