市民がつくる日本とコリア交流の歴史館

新宿区大久保に、日本市民と在日韓国・朝鮮人によってつくられた高麗博物館があり、企画展「失われた朝鮮文化遺産展」が開催されていたので、行ってきました。

この博物館は、日本とコリアの2000年の交流の歴史を知り、和解と共生、平和な社会をつくることを目的に2001年に開館しました。展示を見て学ぶだけでなく、来訪者間の交流も生まれるなど、まさしく「市民がつくる博物館」でした。

民族衣装着せてもらっている我が事務所スタッフ

民族衣装着せてもらっている我が事務所スタッフ

次の記事

176国会