日韓社会的企業セミナー

CIMG2822社会的排除をなくし、社会的事業所(企業)をすすめる日韓の交流事業「日韓社会的企業セミナー」が開かれました。大阪と東京で5日間開かれたセミナーのうち、議員会館内で行われた「日韓の法制度についての課題をクリアにする意見交換」の進行役を務めました。

聖公会大学校・社会的企業研究所教授のチャン・ウォンボンさんの基調講演「社会的企業育成法制定の背景と改訂法案」をお聞きして、韓国のすすんだ制度を知り、熊本学園大学花田昌宣さんから「日本における社会的排除に関する緊急の提言」を頂きました。市民社会の中で、総合的な社会政策と持続可能な経済戦略が整合して展開される必要があり、社会的に有用な活動と財とサービスの生産の主体としての事業活動を制度化することで、社会的困難を抱える人々の労働をとおした社会参加が保障されことになるという言葉にも強く共感しました。