「チェルノブイリハート」を観る

1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原発事故。あれから25年、事故後に生まれた病気に苦しむ子どもたちの映像や今も危険区域に指定されている地域に入って撮影された廃虚の住宅など、原発事故の深刻さが伝わってくるドキュメンタリー映画です。

題名は、チェルノブイリ原発事故の影響で生まれながらに心臓に重度の障がいがある子どものことをチェルノブイリハートと呼ぶことからつけたとの事です。

「福島」を生き抜く私たちにとって、現実を知るために必見です。是非多くの方に観てもらいたい映画です。