第2回「大河原雅子事務所 ミニ講座」のお知らせ

大河原雅子・飯田橋事務所 ミニ講座

「大河原雅子と市民の広場」

第2 

「後期高齢者医療制度の問題から考える日本の医療制度のあり方」

 結城康博さん(淑徳大学准教授) 

 <結城さんのプロフィール> 

1969年生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業。法政大学大学院修士課程修了(経済学)、同大学大学院博士課程修了(政治学)、地域包括支援センター勤務(社会福祉士・ケアマネジャー・介護福祉士)
現在-淑徳大学准教授。教鞭を執る傍ら非常勤ケアマネジャーとしても勤務
専攻-社会保障論、社会福祉学
著書-『医療の値段 診療報酬と政治』(岩波新書)、『介護 現場からの検証』(同)、『福祉社会における医療と政治』(本の泉社)、『これからの介護保険を考える』(同)、『入門特定健診・保健指導』(ぎょうせい)など

 今年スタートした後期高齢者医療制度は、福田内閣の屋台骨を揺るがしていますが、問題は日本の現在の医療制度、これからの医療制度の問題に深く関わっていることです。もちろん、年金制度、生活保護制度など、日本の社会保障のあり方にも関わる重要な課題です。  大河原雅子・飯田橋事務所のミニ講座の第2回は、若手の研究者で現場の問題に最も詳しい、結城康博さんを迎えてお話を伺います。ぜひ、お出で下さい。 ■ 日時  8月12日 午後1時30分から3時30分まで ■ 場所  大河原雅子・飯田橋事務所

       千代田区飯田橋1-8-9 ニューシティハイツ飯田橋401

 ■ 参加費 1,000円

 

連絡先・永田町事務所 03-3508-8309

飯田橋事務所 03-6661-8309(月・金)