消費者が考える食品表示の一元化

 東京ウイメンズプラザホールで開催された公開シンポジウム「消費者が考える食品表示の一元化~生産者と消費者をつなぎ、消費者の知る・選ぶ権利の確保を~」に参加しました。

食品の表示に関する主な制度は、JAS法・食品衛生法・健康増進法があり目的もそれぞれです。

消費者庁で食品表示に関する一元的な法体系のあり方の検討がはじまりましたが、わかりにくく不十分な表示を消費者の側から考えるシンポジウムでした。

消費者の知る権利、選択の権利を保障する表示についての提案を受け止め一緒に活動していきたいと思います。

福嶋浩彦 消費者庁長官も、食品表示一丸化にむけた取組を報告