田中俊一原子力規制委員会委員長候補への聴取

一昨日、衆・参の議院運営委員会で田中俊一・原子力規制委員会委員長候補に所信聴取を行い、私も直接質問しました。

僅か5分間でしたが、原子力村の住民だった人への不信と原子力という非倫理的エネルギーの限界性、国民の大多数が脱原発社会を目指している事を共有して欲しいと投げかけました。

私の質問は昨日の朝日新聞にもとりあげられました。

ドイツでは、哲学者や宗教家も入った「安全なエネルギー供給に関する倫理委員会」で議論し「ドイツのエネルギー転換ー未来のための共同事業」という報告書がまとめられ脱原発が方針化されました。

日本のエネルーギー政策も「脱原発」に転換すべきです。