予算委員会質疑Ⅱ

予算委員会で、

1)村山談話・河野談話(2)TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)――等の問題を取り上げ、安倍総理はじめ関係大臣の認識を質しました。

今回は河野・村山談話の継承について質しましたが、安倍総理は「村山談話については政権として受け継いでいく。官房長官談話については官房長官としてお答えするのが適切」などと答弁。ふたつの談話をともに継承していくかと重ねて質すと「村山談話についてはわが国はかつて多くの国々、とりわけアジア諸国の人びとに対して多大な損害と苦痛を与えた、その認識においては安倍政権としても同じであり、これまでの歴代の内閣の立場を引き継ぐ」と答弁するとともに「そのうえにおいてしかるべき時期に21世紀にふさわしい未来志向の談話を発表したいと考えている」など曖昧でした。

概要はこちらからご覧頂けます。