保育を考える議員連盟設立

民主党「保育を考える議員連盟」が設立され事務局長を務めることになりました。

 「競争」が激化し格差社会が蔓延し、規制緩和等により、安心・安全、誰にとっても必要な保育実現が脅かされています。議員連盟では、あるべき保育のあり方について検討をすすめるため保育事業者等のみなさんと意見交換を重ねる予定です。

議員連盟に参加した議員は衆議院議員38名、参議院議員22名。顧問は鳩山幹事長、代表は三井辨雄衆議院議員です。