「私が決める政治」のあやうさ:立憲デモクラシーのために

立憲フォーラム立憲デモクラシーの会(共同代表・奥平康弘さん、山口二郎さん)主催「私が決める政治」のあやうさ:立憲デモクラシーのために」に参加しました。

愛敬浩二さん(名古屋大学)山口二郎さん(法政大学)の基調講演。坂口正二郎さん(一ツ橋大学)の進行で毛里和子さん(早稲田大学)青井未帆さん(学習院大学)大竹弘二さん(南山大学)の3人による「解釈改憲をどうとらえるか」と題するシンポジウム。どちらも今考えるべき視点がきちんと整理でき大変参考になりました。集会の報告は立憲デモクラシーの会ホームページに掲載にされる予定です。

会場は超満員で、閣議決定による解釈改憲で集団的自衛権を行使する事は許さないという危機感が参加者の熱気に溢れていました。憲法9条を実質的に変更しようとする安倍政権への対抗勢力は、市民がつくっていかなければならないと思います。