地域交通とまちづくり

富山県選出の村井宗明衆議院議員と

富山県選出の村井宗明衆議院議員と

NPO団体(市民活動団体)との政策コミュニケーションをはかるため富山市に行って来ました。まず、公共交通を活かしたコンパクトなまちづくりで有名なライトレール(路面電車)に、概要を学習してから乗車。市民団体の皆さんから移動サービスの現状と課題を伺った後、県職員の自主サークルで交通政策を研究している方々とも懇談させて頂きました。

要介護者、身体障がい者等で公共交通機関を利用することが困難な人を対象に、必要な介助等と共に行われる個別的な移送サービスのことを、スペシャル・トランスポート・サービス(S・T・S)と言います。

先日、民主党として「STS推進に関する意見交換会」を開催し各地での移送サービスの現状と課題についてヒアリングさせて頂いた後だけに、交通政策の体系の中に移送サービスを組み込む必要性を再認識しました。本来は高齢者とか障がい者へのサービスを特別に考えるのでなく「誰にとっても利用しやすい」ことを基本にしなければならないのだと思います。

STS推進

STS推進ヒアリング