利根川河川整備計画についてのヒアリング

議員会館の会議室で、国土交通省河川局と関東地方整備局の担当者、流域で活動する市民団体の方々にも出席していただき、利根川水系河川整備計画策定に関する意見交換会を開催しました。 計画の立案担当者が参加したにも関わらず、「まだたたき台をまとめているところで、まとまったものはできていない」という話を繰り返すだけ。たたき台を出す目処も立っていない様子で、内容には一歩も踏み込むことができませんでした。しかし、整備計画がまったく白紙状態であるのに、現場では河川法改正前からの工事実施基本計画を根拠に工事が進められています。淀川水系では、少なくとも整備計画による位置づけがなされるまでは新たな段階に進まないというルールが遵守されていますので、利根川水系でも同様のルールが出来るよう要求しました。河川法改正の精神を理解しているとは思えない、国土交通省のやり方にはあきれるばかりです!地方整備局ごとに方針が異なること事態不可解!早急に質していきたいと思いました!!