大河原まさこメールマガジン 第24号 2016年5月12日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前参議院議員 大河原まさこメールマガジン
第24号 2016年5月12日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 大型連休も終わり、天気予報では「熱中症にご注意を」と
の注意喚起もされる季節になりました。雨と暑さの両面から
も特に熊本・大分地震の被災者の皆様には、くれぐれもお体
には気をつけていただければと思います。

 さて、みなさまいかがお過ごしでしょうか。前参議院議員
の大河原まさこです。私、大河原まさこの活動や考えをお伝
えするため、「大河原まさこメールマガジン」を配信してい
ます。その最新号をお届けいたします。

 多くの方々にお届けできればと思いますので、ぜひお近く
の方々や、お知り合いの方々にご紹介いただければと思いま
す。
 ご紹介の際には、wakuwakumasako@ookawaramasako.com
のご登録・ご送信をとお伝えいただきますようお願いいたし
ます。
 なお、名刺の交換など、ごあいさつさせていただきました
方々などにも配信させていただきます。

*****************************************************
■メニュー
1. 「戦争いらない 多摩市民連合」の集会に参加しました

2. 「パナマ文書」が投げかけるもの

3. 衆議院厚労委で当事者の参考人を拒否

4. お知らせ
○政治カフェ 参議院選挙に行こう!
  ―5月14日(土)午前10時30分~/東京・狛江市
○夏だ。選挙だ。『ニッポンの政治』をおさらいしよう!
  ―5月14日(土)午後2時~/東京・世田谷区
○講演会「原発ゼロを実現しよう!」
  ―5月15日(日)午後2時~/東京・杉並区
○総決起集会―「市民の力で民主主義をつくる」
  ―6月4日(土)午後3時~/東京・台東区
○対談集『市民の力で立憲民主主義を創る』を刊行しました

*****************************************************
◆「戦争いらない 多摩市民連合」の集会に参加

 「戦争いらない 多摩市民連合」主催の「安保法制(戦争法)
廃止を!5/7集会」に参加しました。
 参議院選挙を前に、私も含め東京を中心に活動してきた比例
区候補予定者や東京選挙区の候補予定者から直接話を聞こうと
いう集会でした。
 私はトップバッターとして、「生活者の視点」を大切にクリ
ーンでフェアな政治を目指して活動してきたこと。原発再稼働
を進め、格差拡大を放置したまま、憲法改悪に走る安倍政治の
暴走をこれ以上許すわけにはいかないこと。そのために「強者
がより強くなる政治」から、「市民社会を強くする政治」への
転換をすすめ、いのちと平和、自由と人権を守るために戦う!
と、お話させていただきました。
 7月10日を参議院選挙投票日とするならば、あと2ヵ月を切り
ました。立憲民主主義の破壊となる憲法改悪は絶対阻止するた
め、「安倍政治を許さない」市民の知恵と力を結集して、一人
でも多くの有権者が、まずは投票に行くことです!

240万人の新有権者を誘って、投票率をあげましょう!!

*****************************************************
◆「パナマ文書」が投げかけるもの

 パナマの法律事務所が作成した租税回避地(タックスヘイブン)
に登録された会社やその関係者の情報等を含む機密文書が流出し、
その一部である21万余の法人名や株主、役員となっている企業や
個人名と住所地が「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)
のウェブサイトで公表され大きな話題となっています。その中に
は各国の首脳や企業経営者の名前もあり「租税逃れ」との批判か
ら、すでにアイスランドの首相が辞任に追い込まれるなど影響も
出ていますが、日本の有名企業の名前も並んでおり、徹底した調
査が必要です。

 もともとカリブ海のバージン諸島やケイマン諸島、パナマやバ
ハマなど基幹産業が育ちにくい小さな国や地域が、所得税や法人
税の免除や税率を低くして、富裕層や大企業などの海外資本を呼
び込むことを目的としてきたタックスヘイブン(Tax Haven 租税
回避地)ですが、庶民には無縁の話と見過ごすわけにはいかない
問題です。
 租税回避で失われる世界の税収は年間50兆円規模とも試算され、
日本はその1割程度の5兆円に上る可能性があるとなれば、事は重
大です。格差が拡がる中で大企業や富裕層が課税を逃れ、本来あ
るべき税収が減収となっているならば、速やかに是正されなけれ
ばならないと思います。
 しかし、「日本を世界で一番企業が活躍しやすい国にする」と
いう安倍政権の対応はどうでしょうか?菅官房長官のコメントか
らは積極的な実態解明は期待薄です。

 憲法に記された数少ない国民の義務が「納税」であることから
も、信頼される公平・公正な税制が基本なはずですが、金持ち優
遇税制や不公平な徴税の実態、無駄な公共事業に湯水のように血
税が浪費されているという不信感は根深いものがあります。
 また、ペーパーカンパニーを設立して資産を移して課税を逃れ
たり、企業や個人による脱税や不法に得た資金を正当に得たよう
に見せかけるマネーロンダリングなど、犯罪の温床との指摘もあ
ります。経済協力開発機構(OECD)では企業の課税逃れを防止す
るためのルールをまとめ、多国籍企業が税金の安い国の子会社に
利益を移すなどの節税対策をした場合、課税を強化することなど
としています。
 この「パナマ文書」はICIJのウェブサイトウェブ上で公開され
たことによって、誰でも見ることができます。政府の対応が鈍い
なか、日本のジャーナリズムと市民の監視力に期待したいと思い
ます。

 この問題から見えてくるものとして、地域経済への転換がある
のだと思います。国を超えて人、物、資金などが自由にかつ迅速
に流れています。このことをすべて否定するものではありません
が、地域で人、物、資金を動かす流れをつくり大切にすることが
必要だと思います。生活に身近なところに資金を提供し、地域社
会・地域福祉の担い手などに回し、できるだけ身近なところでで
きた食材や物で生活を営み、時には担い手として働く、といった
ような流れ、地域経済をつくり育てる必要があるのだと思います。

 根底には、本当の幸せ、生きがい、つながり、などをもう一度
考え、確認し、共有することが必要だと思います。

・ICIJの特設サイト「THE PANAMA PAPERS」
https://panamapapers.icij.org/

*****************************************************
◆衆議院厚労委で当事者の参考人を拒否

 衆議院厚生労働委員会で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の方を
参考人とすることに対して、与党側の議員が拒否しました。
 衆議院厚生労働委員会で「障害者総合支援法改正案」の審議が
進められ、その審議の一環として行われる参考人招致において、
民進党が推薦したALSの当事者に対して、与党側から「コミュニ
ケーションに時間を要する」という理由でその招致を拒否し、取
り消されました。

 障害者差別解消法が4月に施行されましたが、まさかその法律
を審議し可決した国会の場でこのようなことが起きるとは・・・。
障害者差別解消法で規定された合理的配慮は双方に配慮を求める
もので、まさに「コミュニケーションに時間を要する」のであれ
ば互いにできる限りの配慮をすることで何ら問題なく行われもの
であり、そのことを国会が率先して示すべきことではないかと思
います。

 これが、「私たち抜きに、私たちのことは決めないで」をスロ
ーガンとして活動してきた障がい者の方々を、真正面から否定す
る今の自民党政権の姿です。

・前代未聞の障害者差別が国会で行われた
https://www.minshin.jp/article/109045/
・厚生労働委員会 委員名簿
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0070.htm

*****************************************************
◆お知らせ

◇政治カフェ 参議院選挙に行こう!

○日 時:5月14日(土)10時30分~12時
○会 場:ノタリーノ会議室(小田急線狛江駅前
     /狛江市 元和泉 1-2-1 エコルマ)

○対 談:大河原 まさこ
     宇野 重規 東京大学教授

○参加費:500円
○主 催:大河原まさこと勝手に連帯する会@狛江

○問い合わせ・申し込み:狛江生活者ネットワーク
    necogacone@yahoo.co.jp /TEL: 03-3430-1302

—————————————
◇夏だ。選挙だ。『ニッポンの政治』をおさらいしよう!
~初めて投票する君から、今さら聞けないあなたまで~

○日 時:2016年5月14日(土)午後2時~4時
○場 所:北沢タウンホール2F集会室
     (世田谷区北沢2-8-18)
    https://kitazawatownhall.jp
○資料代:500円

○プログラム:
  第一部 右傾化からの脱却 ― 民主主義をつくる
       講演:中野晃一 上智大学教授
  第二部 Q&Aセッション
       保坂展人 世田谷区長
       大河原まさこ 前参議院議員
       中野晃一 上智大学教授

○申し込み/お問合せ:世田谷・生活者ネットワーク
     setagaya@seikatsusha.net
     TEL:03-3420-0737/FAX:03-3706-1744
http://setagaya.seikatsusha.me/blog/news/2016/04/20/4170

—————————————
◇講演会「原発ゼロを実現しよう!」

○日 時:5月15日(日)午後2時~4時
○会 場:西荻南区民集会所 第1・2集会室
http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/katsudo/shukaijo/1006955.html

○講 師:竹村英明さん(脱原発政治連盟 緑茶会 代表)
○第2部:大河原まさこさんとのトークセッション

○資料代:500円
○主 催:杉並・生活者ネットワーク
     TEL:03-5377-5080/FAX:03-5377-1070

—————————————
◆総決起集会―「市民の力で民主主義をつくる」

○日 時:6月4日(土)15:00~17:00
○会 場:会議室 オーラム
    (台東区東上野1-26-2/TEL03-5812-1123)
     http://www.aurum-ueno.jp/guide.php

○プログラム:
 オープニング〈応援〉ライブ 寿[kotobuki]
 第1部 トークセッション
  ・五十嵐敬喜 法政大学名誉教授
  ・大河原 まさこ 前参議院議員
  ・奥田 愛基 自由と民主主義のための学生緊急行動
       【SEALDs】
  ・三浦 まり 上智大学教授
  ・西崎 光子 東京・生活者ネットワーク代表委員
        /都議会議員(進行:予定)
第2部
  全国勝手連・市民勝手連などからの応援メッセージ
  私の決意・大河原まさこさん

○参加費:1000 円
○定 員:500人

○主 催:総決起集会実行委員会
○連絡先:TEL03-6661-8309/FAX03-6661-8325

—————————————
◆対談集『市民の力で立憲民主主義を創る』を刊行しました

○『市民の力で立憲民主主義を創る』
  杉田敦・中野晃一・大江正章×大河原雅子
○形態等:A5判 64ページ
○本体価格:700円+消費税
○出版社:コモンズ
*一般の書店からもご購入できます

********************************************************
[ご意見、ご感想はこちらへ]
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
[HPもご覧ください]http://ookawaramasako.com/

※本メールは、配信登録をしていただいた方並びに名刺交換させ
ていただいた方々などにお送りしております。
 配信をご希望、また配信不要、停止をご希望の方は、
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
までご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

#「大河原まさこの湧く湧くページ」始めました!
 https://www.facebook.com/ookawaramasako/
日々の活動の様子やお知らせなどをいち早くお届けしますので、
たくさんの「いいね!」をよろしくお願いします。

[編集・発行]民進党参議院比例区第1総支部
********************************************************