父子家庭への支援法案・発議者として提出へ

児童扶養手当法は母子家庭の生活の安定と自立の促進に寄与することが目的とされています。しかし、育児と生計の担い手という二重の役割を一人で担うのは父子家庭も母子家庭も同じです。

民主党では全国の市町村の父子家庭への対応調査(http://www.dpj.or.jp/policy/danjyo/01.html)を行い、父子家庭の父からのヒアリング等を重ねて、児童扶養手当を父子家庭にも支給する、児童扶養手当法の改正案を本日参議院に、社民、国民新党と共に提出しました。

私も発議者の一人として法案提出後の記者会見に臨みました。

私も発議者の一人として法案提出後の記者会見に臨みました。