新しい公共

28daihyou1[1]鳩山首相の所信表明は、まさに新しい政治への変化を表していました。とりわけ「新しい公共」の概念を打ち出したことは,長年生活者政治を実践してきた私にとって感慨深いものです。ローカルパーティ生活者ネットワークの都議をしていた時、「よびかけ」(政党の綱領)改定を行い、「私たちは新しい公共の概念をつくり、広げ、市民の価値観と政治の価値観を一致させる。それは底力を持って、ローカルからの政権交代を可能にする」と記しました。それから11年、国会議員となり政権交代が実現し、首相は「私が目指したいのは、人と人が支え合い、役に立ち合う「新しい公共」の概念です。人を支える役割を「官」と言われる人たちだけが担うのではなく、教育や子育て、街づくり、防犯や福祉などに地域でかかわっている一人ひとりにも参加していただき、それを社会全体として応援しようという新しい価値観です。」とおっしゃいました。この言葉をかみしめながら、私も新しい政治を広げ実践する決意を新たにしました。