国際保健勉強会

CIMG0633IPPF(国際家族計画連盟)事務局長ジル・グリアさんを迎えての「国際保健勉強会」(世界の現状と日本の果たすべき役割)に参加しました。

鳩山総理は先の国連総会で「ミレニアム開発目標の達成と人間の安全保障推進にむけ努力を倍加したい」旨述べられました。貧困削減を含めた「ミレニアム開発目標(MDGs)は2015年の達成期限が迫っていますが、「妊婦の健康の改善」が最も進捗が遅れています。アフガニスタンでは8人に一人の女性が出産時に命をおとしているそうです。(日本は11000人に一人)

ジル・グリア事務局長は資金援助を呼びかける他、高水準の医療制度や教育を確立した課程の紹介も大きな貢献だと話されました。