豊かな自然、食べ物、そして命を守る運動

aa1.JPG青森県六カ所村にある「六カ所再処理工場」は、日本国内の原子力発電所で燃やされた使用済み核燃料から、燃え残りのウランとプルトニウムを取り出す化学工場です。核燃料処理の過程で、大気中や海に放射能が放出されます。すでに沿岸の自治体では、海への放射能放出を規制する法律制定を求める請願を採択する動きがでています。

 昨日、六カ所再処理工場の本格稼働に反対するみなさんが民主党への要請を行いました。海と空の放射能汚染に反対し、豊かな自然環境と生命と食べ物を守る運動をはじめており、これまでに賛同団体596(10月末)、個人署名30万筆以上を集めています。

参議院経済産業委員会での下田敦子議員の質問からは、生態系へのアセスメントは行っていないことが明らかになっています。

豊かな自然、食べ物、そして命を守る運動は、今後も継続され1月27日には日比谷野外大音楽堂で集会後パレード。28日は院内集会が開催されます。