TPP加盟による国民生活への影響 ジェーン・ケルシー教授東京講演会

「TPPを考える国民会議」(代表・宇沢弘文 東京大学名誉教授) 主催、ジェーン・ケルシー教授 東京講演会「TPP加盟による国民生活への影響」の司会を務めました。仙台・札幌に続く講演会でしたが、会場の憲政記念館は着席できない人も多数となりまさに超満員でした。

ケルシー教授は、ニュージーランド・オークランド大学法学教授で、ニュージーランドの規制改革、豪米FTA、米国の各種FTAといったこれまでの事実関係を踏まえてTPPを分析し「異常な契約・TPPの仮面を剥ぐ」を著しました。

生活とTPPの関係を熟慮するための大変タイムリーな講演会となりました。