社会的インフラとしての「介護」とは

挨拶される市民福祉サポートセンター代表 石毛えい子衆議院議員

市民福祉サポートセンター主催「NO!寝たきりデー2011」今年のテーマは社会的インフラとしての介護とは」でした。

「東日本大震災で試される介護」をテーマに、郡山市でグループホームと小規模多機能型居宅介護施設を運営するにあたっての課題や、被災高齢者の避難所支援活動を続けた上での提案。さらに川崎市災害時要援護者避難支援制度の紹介など、大変参考になる事例を学びました。