第18回ミニ講座「新寄付税制でひろげる新しい公共」

 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会の関口宏聡さんを講師にお迎えして飯田橋ミニ講座を開催しました。

テーマは「新寄付税制とNPO法改正をどのように役立てるか」です。

新寄付税制はすでに6月30日に施行され、個人寄付者に対する減税が大幅に拡大されており、来年4月1日からは改正NPO法が施行され、「認定NPO」の取得が容易になります。

認定機関の地方移管も決まり、地方自治体は認証に加え、認定事務も担当します。独自基準の条例で寄付税制支援も可能となり、既存のNPO支援策とのコラボでさらなる支援拡充や多様化に期待がかかります。

前の記事

予算委員会