都市農業の振興に関する検討会

国土交通省・社会資本整備審議会「都市計画制度小委員会」で、今後の都市計画制度のあり方が審議され、都市近郊や都市内における農地について、多面的機能を有用なものとし都市政策の面から積極的に評価するものと報告されました。その審議を受け農業政策として都市農業の今後を検討する「都市農業の振興に関する検討会」が農林水産省に設置されました。

政権交代後の「食料・農業・農村基本計画」改訂の際、都市農業の位置付けの見直しを提案。閣議決定された後、都市農業WTで農林水産省として都市農業政策を策定するよう活動してきましたが、ようやく検討会がつくられ議論がはじまりました。都市計画法や生産緑地法・税制の改正を含め引き続きWTでも議論し制度提案していきます。

写真は検討会の様子。挨拶されているのは鹿野農林水産大臣

次の記事

消費者特別委員会