山口二郎さん講演「政権交代とは何だったのか」

北海道大学の山口二郎教授をお招きして「飯田橋事務所・政治フォーラム」を開催しました。

岩波新書「政権交代とは何だったのか」を1月に出版されたばかりの先生から、政権交代の本義、民主党政権の成功と失敗、政治家自身で総括を行い目指す社会モデルを明確にすべきとの指摘を受けました。

民主主義の回復が最も必要な事だと「政権交代とは何だったのか」に記してあります。 私も政治家として政策論争に臨み、ぶれない政治の軸を形成していく覚悟を強くしました。