生活支援戦略に市民金融の活用を要請

市民が自発的に設立し、市民の出資による原資を社会的に求められているニーズに融資を行う非営利金融を「市民バンク」と言います。

これまでにも市民の資金を生活困窮者の生活再建のための貸し付けや、社会的企業への貸し付けを行っています。

現在、政府が検討している「生活支援戦略」に、こうした市民金融を活用するよう、民主党と政府にNPOバンク連絡会が要請しました。

衆議院議員の石毛えい子さん、工藤ひとみさんと一緒に、NPOバンクのみなさんと内閣府政務官の大串博志衆議院議員と面談・意見交換しました。