若者の就労支援

横浜市のK2インターナショナルグループを石毛えい子衆議院議員と一緒に視察しました。

石毛さんは、民主党の社会的包摂ワーキングチームの副座長です。

子ども・若者の貧困を解決するための支援活動を行っているK2インターナショナルでは、就労継続支援B型事業所、学童クラブ、若者サポートステーション、就労体験プログラム、若者自立塾等の実践を行っています。また雇用の創出として250はなまる食堂、アロハキッチン、お好み焼ころんぶすの経営など、不登校・ひきこもり・家庭内暴力など生きづらさを抱える若者たちの自立を支援して、共に生きる場をつくっています。

写真は、にこにこソーシャルファーム。

長期合宿型で、若者が就農体験を通して働く力をつけていくプログラムを実践しています。畑の横に共同生活所があり、農業体験だけでなく規則正しい生活習慣を身につけるなど自立をめざす若者が共同生活していました。

若者支援の情報プラットホーム にこまるカフェ前で「つながる~ポーズ」

 

お好み焼ころんぶすで昼食