今年は国際協同組合年

協同組合振興研究議員連盟で「協同組合憲章に関する決議」について議論しました。今年は国連が定めた国際協同組合年です。日本では、2012年国際協同組合年実行委員会が結成され全国各地で多彩な取り組みが行われてきました。

実行委員会は、その集大成として政府に「協同組合年憲章」の制定を求める活動を進めていました。昨日の議員連盟では、議員提案による国会決議をしていく事で案文を確認了承しました。

地域での共助の実践を続けてこられた協同組合のみなさん、参加されている組合員のみなさんが創ってこられたコミュティーの価値やオルタナティブな経済、「一人は万人のために、万人は一人のために」に集約された理念が国会で決議される事は、民主党が新しい公共として市民社会の豊かさをつくり出そうとしている事に通じます。是非実現させたいと思います。