介護現場の人材確保対策・全国集会

月曜日に開催された日本介護福祉会主催の「人材確保対策における全国集会」に民主党を代表して参加しました。介護の現場では人材不足が大問題になっています。介護報酬が引き下げられ、事業者の運営に影響が生じた結果、働く人の賃金が抑えられ、労働条件が悪化し深刻な人手不足が生じているのです。民主党が議員立法で提出していた「介護労働者の人材確保に関する特別措置法案」が今年4月超党派で修正合意され「2009年4月1日までに必要な措置を講ずる」ことが明記され可決されました。良質な介護サービスの確保にはまず介護の現場で働く人の待遇改善が急務です。

集会には全国からたくさんの人が参加し「なんとしても人材確保のための待遇改善を!」と訴える人々で会場は熱気にあふれていました。私も是非とも政策実現を果たしたいと強く思いました。

前の記事

農業政策は食糧政策

次の記事

厚生労働省ヒアリング