あきらめない1票を!大河原まさこに!!

理不尽にも、公示2日前になって民主党の公認取り消しがありましたが、今回の参議院選挙は日本の民主主義が問われている重大な選挙であり、生活者・市民の代表として退くわけにはいかないと「無所属」として、立候補いたしました。
ローカルパーティ・生活者ネットワーク出身の初の国会議員として活動したこれまでの実績と、原発ゼロ、憲法改悪にNO! 主権放棄のTPPには断固反対を貫くこと訴え、都内全域をくまなく回りました。

暴走を始めている安倍政権の経済優先・国民の命は後回しの政治にストップをかける戦いであり、参議院のねじれこそ、国民の暮らしを守る力であることを訴えました。国民の声を無視して、安倍政権は原発再稼働・推進の方針を明らかにしています。原発ゼロこそ現実的な選択です!原発安全神話に逆戻りの無責任な自民党政権の暴走に歯止めを! 憲法改正要件を緩和し、さらに9条を改正して平和憲法を破棄する改憲勢力の拡大を許してはなりません。グローバル化のひずみを拡大し、雇用を不安定化するTPPにも断固反対です。 安倍政権の暴走にストップをかけなければ、国民の生活は守れません。
どうか、私 大河原まさこを再び国政に送って下さい!

市民の議席を守らせてください!!
1票をもたない子どもたちのために、大河原まさこにみなさまの貴重な1票を託して下さい。
私は、人口減少・少子超高齢化時代を支える「人への投資」で共に生きる社会を実現していきます。

最後の訴え@新宿駅西口南側

最後の訴えその2

 

 

 

前の記事

放射能汚染茶の記憶

次の記事

残念です。