立憲フォーラム

3立憲フォーラム昨日は立憲フォーラム主催の「集団的自衛権を考える院内集会」に参加し、元防衛庁防衛研究所長・元内閣官房副長官補の柳澤協二さんと、元防衛大臣の北澤俊美参議院議員のお話を伺いました。

安倍政権が進めようとしている憲法解釈の変更は、外国のために戦争をする国へと国のかたちを変えてしまうものです。お二人とも立憲主義の立場から憲法解釈の変更はすべきでない。日本の防衛にプラスにならないと話されました。柳澤さんのお話は、先日外交イニシアティブ(ND)主催で開催された「今なぜ、集団的自衛権なのかー安全保障の最前線から考察する」でもお聞きしました。こちらの集会では、山口二郎さん、鳥越俊太郎さんとのパネルディスカッションもあり、民主主義の問題や教育とメディアの問題も浮かびあがりました。

今私たちができる事は、世論の力を強くする事だと思います。奥平康弘さん山口二郎さんが共同代表に就任した「立憲デモクラシーの会」も設立されました。25日には法政大学で「私が決める政治のあやうさ 立憲デモクラシーのために」が開催されます。山口二郎さんの「政治家は、戦争をしないという意志を固めることが重要だ」という言葉が心に残ります。立憲デモクラシーの会http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/