政治的思考 改めて「民主主義 」を学ぶ

杉田

法政大学教授、杉田敦先生の「市民自治講座・代表制のあり方から民主主義を学ぶ」を受講しています。憲法解釈の変更を閣議決定し集団的自衛権行使に突き進もうとする安倍政権からの発信を受け、今ほど民主主義が問われている時はないとさえ思います。政治の可能性と民主主義について考察を深めるには、最適の講座です。

今回は、丸山眞男の「権力統合論」、篠原一の「コーポラティズム論」「ポピュリズムの問題点」などを切り口に民主主義と政治について学びました。

杉田敦先生の著書「政治的思考」は、決定・代表・討議・権力・自由・社会・限界・距離の八つのテーマで、政治の可能性を示しています。いよいよ次回は、「このような状況の中で、政治にどのような可能性を見出すか」先生を交えて討議します。

日々考察を深めつつ、次回の議論を楽しみにしています。