大河原まさこメールマガジン 第3号 2015年12月17日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前参議院議員 大河原まさこメールマガジン
第3号 2015年12月17日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。12月も半ばを過ぎ、今年もあとわずかになって
きましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 前参議院議員の大河原まさこです。
 わたし、大河原まさこの活動や考えをお伝えするため、
「大河原まさこメールマガジン」の配信を開始しました。
 その第3号をお届けいたします。

 多くの方々にお届けできればと思いますので、ぜひお近くの方
々や、お知り合いの方々などにご紹介いただければと思います。
ご紹介の際には、wakuwakumasako@ookawaramasako.com への
ご登録・ご送信をとお伝えいただきますようお願いいたします。

 なお、名刺の交換など、ごあいさつさせていただきました方々
などにも配信させていただきます。

*****************************************************
■メニュー
1. 安保法制に反対するママの会@神奈川のみなさんとお会いして

2. 右傾化からの脱却―強い民主主義をつくる

3. お知らせ
 1) 講談『チェルノブイリの祈り』に参加します
    ―1月30日(土)午後1時30分/北沢タウンホール
2) 今、市民に何ができるか?―市民自治の一歩が大きい力に
    ―2月6日(土)午後2時40分/生活クラブ(埼玉)本部2F

*****************************************************
◆安保法制に反対するママの会@神奈川のみなさんとお会いして

 横浜で、安保法制に反対するママの会@神奈川の方々とお会い
して、意見の交換をしました。
 初めて政治にむきあった多くの女性たちは、地域の政治家を訪
ね対話活動を展開しています。なかなか会ってくれない議員、政
治家としての熱が伝わってこない議員も多いとのこと。

 以前、「アメリカの若者だけに血を流させてはならない」とも
っともらしくいう政治家を見ましたが、本来「どこの若者たちの
血も流させてはならない」というのが政治家の役割ではないでし
ょうか。すべての人間は生を受けて、この世に存在します。その
奇跡的ともいえる時間は誰にも邪魔されない幸福なものであって
欲しい、それを実現するために政治が存在するのだと思います。
そして、格差の拡大、差別や憎しみは暴力の連鎖を生み出し、こ
れを断ち切るための政治こそが世界でも、日本国内でも求められ
ています。

 ママの会が発信した「だれの子どももころさせない」というメ
ッセージは、戦争の悲惨さを体験せずとも受け継がれる、すべて
の母親、女性たちの共通の思いが込められています。
 ママの会メンバーのお子さんから貰った絵が、「みんなともだ
ち」、「ママたち頑張れ」と、みんないっしょに、ともに生きる
社会と応援のメッセージが込められていました。

*****************************************************
◆右傾化からの脱却―強い民主主義をつくる

 立憲デモクラシーの会でもご活躍の、上智大学中野晃一教授と
対談させていただきました。
 テーマは「右傾化からの脱却―民主主義をつくる」で、ご著書
の『右傾化する日本政治』(岩波新書)の内容に則してのおはな
しをお聞きし、意見を交換しました。

 安倍政権を支える「新右派連合」と、それを支えている新自由
主義と国家主義の実態について詳しくお聞きし、それに代わるオ
ルタナティブな組織や連合体のあり方、再生のしかたなどについ
て意見交換をしました。
 中野教授はリベラル派の再生の条件として、選挙制度の見直し
(小選挙区制の廃止)、新自由主義との決別、集合文化(エトス)
の転換などが必要だと説かれています。

 右傾化する政治から脱却するためにも、来年の参議院選挙は大
きな山場のひとつです。そのためにも、歴史から学び、現在を真
正面から捉え、今後また将来の政治のあり方、社会のありように
ついて考え、一歩一歩確実に前進するよう取組みたいと思います。

 なお、今回ご紹介しました中野教授との対談は、先日お伝えし
ました法政大学杉田敦教授との対談などもあわせてブックレット
化する予定ですので、発行期日などが決まりましたら再度ご紹介
させていただきます。

*****************************************************
◆お知らせ

◇講談『チェルノブイリの祈り』に参加します
   ―1月30日(土)午後1時30分/北沢タウンホール

 チェルノブイリ事故から30年。講談師の神田香織さんが、2015
年ノーベル文学賞受賞作家スヴェトラーナ・アレクシェービッチ原
作の話題作 『チェルノブイリの祈り』未来の物語―孤独な人間の声、
を語ります。
 今度の参院選は、とっても大事!みんなで一緒に未来のことを考
えましょう、ということで、わたし、大河原まさこもお話しさせて
いただきます。ぜひ、ご参加ください。

○日 時:2016年1月30日(土)午後1時30分~3時30分
○会 場:北沢タウンホール(東京都世田谷区北沢2-8-18)
 地図 https://kitazawatownhall.jp/map.html

○談 師:神田香織
*原 作:スヴェトラーナ・アレクシェービッチ

○定 員:250名
○参加費:2,500円(税込)/○前売り:2,000円
○主催・共催:『大河原まさこを再び国政へ』勝手連せたがや
○申込み・問合せ:03-3420-1469 setakatte@gmail.com
 *詳細は、
 http://kokucheese.com/event/index/351133/をご覧ください。

————————————————————
◇今、市民に何ができるか?―市民自治の一歩が大きい力に
   ―2月6日(土)午後2時40分/生活クラブ(埼玉)本部2F

 平和、民主主義、国民主権といった戦後日本の骨組みが根本から
崩されようとしています。こんな時代に私たちは何をすべきなので
しょうか?
 関賢二さんに豊富な経験から具体的にわかりやすくお話ししてい
ただきます。そして、ゲストの大河原まさこさんには国政に再度挑
む立場から、豊富を伺います。

○日 時:2016年2月6日(土)午後2時40分~4時50分
○会 場:生活クラブ(埼玉)本部2F会議室
(さいたま市南区別所5-1-11)
 地図 http://saitama.seikatsuclub.coop/facility/honbu.html

○談 師:関 賢二さん(白山哲理塾塾長)
○ゲスト:大河原まさこ(リベラル市民政治研究所代表)

○参加費:無 料
○主催・共催:埼玉県市民ネットワーク
○申込み・問合せ:FAX 048-962-8052
  seijisanka@aitamaken-shimin.net

********************************************************
[ご意見、ご感想はこちらへ]
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
[HPもご覧ください]https://ookawaramasako.com/

※本メールは、配信登録をしていただいた方並びに名刺交換させ
ていただいた方々などにお送りしております。
 配信をご希望、また配信不要、停止をご希望の方は、
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
までご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

[編集・発行]民主党参議院比例区第1総支部
********************************************************