2020年 あけましておめでとうございます。

2020年を迎え、新春のお慶びと日ごろよりの感謝を申し上げます。衆議院議員としての活動は3年目に入り、緊張と新たな決意のうちに新年を迎えました。目まぐるしく変化する国内外の情勢は、不安定・不確実な年を予感させます。

喫緊の課題は、格差の是正です。子どもの7人に1人が貧困です。子どもの貧困は親の貧困でもあります。非正規労働でどんなに頑張ってもぎりぎりの生活になっている方、増え続ける単身高齢者、生活できる年金が受け取れないなどなど課題山積です。子ども、若者、女性を政策の中心に置く、大転換がいまこそ必要です。

元旦から発効した日米貿易協定の影響や19年度補正予算や新年度予算に色濃いアメリカ追随の姿勢など、前途多難な2020年ですが、今年も内閣委員会、消費者問題特別委員会委員として、党務では政策調査会副会長・、ジェンダー平等推進本部長としてしっかりと働いて参ります。