予算委員会で選択的夫婦別姓について総理に質問

選択的夫婦別姓は日本で制度化されていません。法律婚をした人が旧姓使用する際、様々な不都合があります。世界中でこんな国は日本だけです。名前を変えたい人は変えればいい。変えたくない人は変えなくて良い、選択を認めるべきです。総理はこれまでもたびたび「家族のあり方に深くかかわる問題で国民の間に様々な意見があることから、国会での議論の動向を注視したい」と答弁してきました。

パスポートへの旧姓表記に関するトラブル事例から追及しましたが、外務省は姑息にも「通称使用の拡大」を進めるとし、茂木大臣が答弁しましたが呆れました。