要介護認定方法は凍結を!

4月から改正された要介護認定が、これまでの認定基準より認定ランクが軽くなるなど問題点が多いことから、介護を受ける人々の実態と心情に立った介護認定を確立するため、新認定の施行の凍結と早期の見直しを求める意見が現場から数多く出されていました。

介護現場での問題をヒアリングさせて頂いています。
介護現場での問題をヒアリングさせて頂いています。

厚生労働省は、検証期間中は経過措置として申請者の希望に応じて、見直し後の要介護認定の方法で、審査・判定された要介護度が従前の要介護度と異なる場合に、従前の要介護度とすることを第1回の「検証・検討会」で公表しました。

これまでの判定より軽くなった人は、市区町村に申請すればよいとのことですが、新規の人は新認定基準だけで判定される事になります。
私も3月の予算委員会で凍結を求めました。検証が終わるまで凍結すべきという現場からの声を厚生労働省はきちんと受け止めるべきだと思います。