統合医療ということ

tougou.JPG今日は統合医療を普及・促進する議員の会総会に出席しました。統合医療とは、西洋医学に日本の伝統医療(柔道整復・漢方治療・鍼灸治療・按摩等々)や代替医療(気功・アロマテラピー・免疫療法・催眠療法・低周波治療・健康食品等々)を統合し、ひとりひとりの患者の立場にたつ医療の事です。東京大学名誉教授・日本統合医療学会(JIM)代表渥美和彦先生による講演では、西洋医学偏重の医療から統合医療への転換の必要性が語られました。すでに諸外国では統合医療センターを開設していたり、アメリカでも大統領委員会の中に代替医療委員会が設置され研究がすすんでいるとのことです。日本では伝統医療の地位の不安定さや西洋医学との足並み、最先端治療や健康食品の臨床試験における効果の実証など整理すべき課題もありますが、一人ひとりの生を統合的に総合的にみていくこの医療のありかたについて調査・研究していくことは大変重要なことと思います。

写真は、渥美和彦先生と議員の会幹事長の鈴木寛さん事務局次長の大島九州男さん