再生可能エネルギー促進法の成立をめざして!

再生可能エネルギー・全量固定価格買取制度の今国会成立を実現すべく、党派を超えた総勢200人以上の議員の署名を,筒井信隆農林副大臣、平岡秀夫総務副大臣、近藤昭一環境副大臣、小林興起衆議院議員、首藤信彦衆議院議員、(以上民主党)、阿部知子衆議員議員(社民党)、河野太郎衆議員議員(自民党)、加藤修一参議院議員(公明党)、とともに菅直人総理大臣に届けました。
菅総理への【提言】は「再生可能エネルギー促進法(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案)の今国会での成立を図る。ことです。
「エネシフジャパン」の活動に賛同している議員有志が、この提言への賛同署名を国会議員に呼びかけて集めました。エネシフジャパンは、「原発にも、石油石炭天然ガスにも頼らない日本を創ろう。」をスローガンに自然エネルギーへのシフトを市民と協働イニシアチブでつくる連続勉強会です。
今日は番外編で、「再生可能エネルギー促進法案」成立に向けて、孫正義ソフトバンク社長の講演でした。急遽駆けつけた菅総理に、市民からも大きな要望書(写真)を手渡しました。
写真は左から、菅総理、松田美由紀さん(女優)、宮台真司さん(社会学者) 小林武史さん(音楽プロデューサー) 加藤登紀子さん(歌手)、桃井貴子さん(気候ネットワーク) 孫正義さん(ソフトバンク社長)

次の記事

新寄付税制実現!