脱原発基本法をつくろう!

原発 推薦脱原発基本法ネットワークから、必勝の激励ビラを頂きました。

代表の大江健三郎さんは
「議員が個人の意思を発揮して法案提出されたことに改めて希望を持った」「法案によって国民、市民が(原発に)反対の意思をはっきり示すしかない」と仰っています。

原発ゼロを実現するには、現在の原発を推進している法律を変えなくてはなりません。

脱原発1000万人署名活動は、6月25日で8,286,993筆に達しています。市民の力を結集して原発ゼロを実現しましょう!

 

前の記事

東京の畜産業