宮城県・長面浦~雄勝~女川

P1020376P1020350石巻市北上地区・復興応援隊の成田昌子さんの案内で雄勝町長面で地元漁業者の方からお話を伺いました。

この地域は、昨年の8月にやっと電気が復旧、水道は未だ復旧していませんが、十数件の漁師が刺し網漁や牡蠣の養殖を続けています。

三方を取り囲む山から流れ込む豊富な沢水と、三陸の海の水が混じり合う汽水域で、震災前は幅50mほどの水路で外海に繋がり、湾口にかかる橋の下を出入りする潮が海の恵みをもたらしていました。宮城県が計画する8.4mの防潮堤で、地形が変化し漁業への影響も考えられる事から、行政と漁業者との激しいやりとりがあるとの事です。

震災当時の生々しい体験もお聞きしました。「100年でも生きて語りつぎたい」という言葉に胸がつまりました。復興を見届けなければと思います。