大河原まさこメールマガジン 第12号 2016年2月18日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前参議院議員 大河原まさこメールマガジン
第12号 2016年2月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。東京では先週末の最高気温が23度で最低気
温が16度、今日の最高気温が10度で最低気温は1度と、
この寒暖の差も地球規模での気候変動の影響でしょうか。
 みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 前参議院議員の大河原まさこです。
 私、大河原まさこの活動や考えをお伝えするため、
「大河原まさこメールマガジン」を配信しています。
 その第12号をお届けいたします。

 多くの方々にお届けできればと思いますので、ぜひお近く
の方々や、お知り合いの方々などにご紹介いただければと思
います。
 ご紹介の際には、wakuwakumasako@ookawaramasako.com へ
のご登録・ご送信をとお伝えいただきますようお願いいたし
ます。
 なお、名刺の交換など、ごあいさつさせていただきました
方々などにも配信させていただきます。

*****************************************************
■メニュー
1. 「放射能汚染防止法」制定を求めて
                ―学習会に参加しました

2. 分断社会を終らせる ―誰もが受益者という財政戦略

3. お知らせ
1) 大河原まさこさんと話そう! 身近な国政のはなし
  ―2月28日(日)18時/タワーホール船堀(江戸川)
2) 大河原さんと話そう
  ―3月1日(火) 14:30/三軒茶屋カフェオハナ(世田谷)
  (詳細は次回にお知らせする予定です)
3) 参院選でNO!アベ政治
  ―3月15日(火)19:00~21:00/きららホール(船橋)

*****************************************************
◆「放射能汚染防止法」制定を求めて
             ―学習会に参加しました

 「放射能汚染防止法」を制定する札幌市民の会などの主催
により開催されました、「放射能汚染防止法」制定を求める学
習会に参加しました。

 東日本大震災、福島原発事故からもうすぐ5年が経とうと
しています。レベル7の原発事故による放射能汚染に対して、
未だに誰も責任をとらず処罰もされていません。そもそも現
行の法律がおかしいのではないかと北海道・札幌の市民の方々
が声をあげ、原発推進の現在の原子力関係法を脱原発と超長
期の汚染対策に適した法律に転換することを目指して活動し
てこられました。
 学習会では札幌市民の会の佐藤典子さんや山本行雄弁護士、
上田文雄前札幌市長から報告とアピールがありました。放射
性物質を公害物質として規制し、人の健康被害や環境汚染を
防止する法律をつくる――具体的には「人の健康に係る公害
犯罪の処罰に関する法律(公害犯罪処罰法)」を改正して
「放射能汚染防止法(仮)」を制定しようという提案です。
 その内容は、山本弁護士がすでにブログで放射能汚染防止
法ガイドブックが公開されています。

 この市民発の「放射能汚染防止法(仮)」を制定するため
にも、必ず国政に復帰しなくてはとの思いを強くしました。

・放射能汚染防止法ガイドブック15.6版
 http://www.yukio72.com/

*****************************************************
◆分断社会を終らせる ―誰もが受益者という財政戦略

 気鋭の財政社会学者・井手英策さんの『分断社会を終らせる
―「誰もが受益者」という財政戦略』を読み、直接お話を伺う
機会を設けて勉強させていただきました。

 以前に『市民自治講座』でも財政の考え方を学ばせていただ
きましたが、今回は「救済の政治を終らせることができるか?」
をテーマにしたお話しを伺い、選別主義から普遍主義への転換
が政治に求められていると確信することができました。
 「格差是正を目的化するのではなく、人が必要としているこ
とを満たし豊かにした結果として格差を是正する」こと、「財政
が厳しいから所得制限を」といった考え方ではなく、みんなが
必要としていることをみんなの負担で満たす戦略が必要である
ことなど、多くのことを学びました。

 「集権・バラマキ・右傾化」の安倍政治に対して「分権・必
要・信頼」の政治を市民の力でつくること、人と人の間に線を
引き分断を生み出す政治から、誰もが他者を思いやりつながる
社会をつくる政治へと転換すること、そして今こそ共に生きる
大きなビジョンを共有することが必要だと思います。

*****************************************************
◆お知らせ

◇大河原まさこさんと話そう! 身近な国政のはなし

 立憲政治の何たるかもわからない安倍政権の暴走は、辺野古
新基地、原発再稼働、TPP,福祉の後退・・・と、止まること
を知らず、政府と市民との溝は深まるばかりです。
 生活者ネットワークの都議会議員として3期10年、そして、
参議院議員1期6年、常にクリーンでフェアな政治を進めて
きた大河原まさこさんと、国家権力の暴走を止め、いのちと平
和を守る国政にするため、大いに語り合いましょう。
 どうぞご参加ください。

○日 時:2月28日(日)18時~19時30分
○会 場:タワーホール船堀 401会議室
   MAP http://www.towerhall.jp/4access/access.html

○ゲスト:大河原まさこ(リベラル市民政治研究所所長
                    /前参議院議員)

○参加費:無 料
○主 催:江戸川・生活者ネットワーク
     江東・生活者ネットワーク
○連絡先:江戸川・生活者ネットワーク
        TEL: 03-5607-5975/FAX: 03-5607-6158
     江東・生活者ネットワーク
        TEL: 03-3636-9044/FAX: 03-3636-9046

—————————————————-
◇参院選でNO!アベ政治

 安保法制や脱原発など大きな政治の問題も、食の安全、子
育て、介護など身近な暮らしの問題も、参院選でアベ政治に
NO!としないと、どうなってしまうのか。小西さんと大河
原さんに市民目線で切り込んで質問するトークショーです。

○日 時:3月15日(火)午後7時~9時
○会 場:きららホール(船橋市文化創造館)
    (千葉県船橋市本町1-3-1フェイスビル6階)

○トークゲスト:小西ひろゆき(参議院議員)
        大河原まさこ(前参議院議員)

○資料代:500円
○主 催:市民ネットワークふなばし
○後 援:市民ネットワーク千葉県/市民ネットワーク・かしわ
     市民ネットワーク・のだ
○連絡先:Tel. 047-426-8321、043-201-1051
     E-mail siminnet.funabashi@ninus.ocn.ne.jp

********************************************************
[ご意見、ご感想はこちらへ]
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
[HPもご覧ください]https://ookawaramasako.com/

※本メールは、配信登録をしていただいた方並びに名刺交換させ
ていただいた方々などにお送りしております。
 配信をご希望、また配信不要、停止をご希望の方は、
   wakuwakumasako@ookawaramasako.com
までご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

[編集・発行]民主党参議院比例区第1総支部
********************************************************