消費者問題に関する特別委員会質疑

昨日から参議院消費者問題に関する特別委員会で「消費者庁設置法案」「消費者庁設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案」「消費者安全法案」の実質審議が始まりました。衆議院での修正を受け答弁席には政府関係者に加えて、修正案提案者として仙谷由人・小宮山洋子・階猛民主党衆議院議員も並びました。

衆議院での議論の結果、民主党の主張により、政府案では消費者庁の下部組織となっていた有識者による消費者政策委員会を、消費者庁と同様に内閣府の組織と位置づけ、名称も「消費者委員会」と改めたうえ、法案名も「消費者庁及び消費者委員会設置法」と修正できました。消費者委員会は、関係省庁に資料の提出を求められると同時に報告を求める権限が与えられました。

消費者の権利が確立し消費者行政が推進されることは、生活者政治を実践してきた私の最大のテーマでもあります。今後の運用が重要であるので、基本的な考え方を野田大臣に質しました。

今後も、より豊かな消費者行政をつくるために力を注ぎたいです。